吠える犬の扱い方

犬が他人に対して吠えるかどうかは、個体差が大きいところです。自分の愛犬がどのように育つのかは誰も分かりませんから、吠える性格だと判明した時点で対策を練るようにします。対策と言っても特別なものではなく、例えば赤の他人に対して無差別に吠える場合、犬の注意を逸らすことが肝心です。おやつで釣ったり、話しかけたりすることで、一時的に吠えなくなることがあります。吠えないまま人が通り過ぎるのを待つことが出来たら褒めてあげましょう。一方、他の犬に対して吠える場合、その意図は縄張り争いであることが多く、犬としては自分のテリトリーが侵されていることに対しての怒りという大義名分があります。ですから飼い主としては根本的な解決策、つまり散歩のコースを変える事くらいしか打ちようがありません。毎日同じルートを歩けば当然自分のテリトリーだと意識するでしょうから、散歩のコースは日々変えた方が良いのです。さて、犬の行動の中には咆哮以外にも人間にとって愉快でないものがあります。しかし愛犬のそうした行動に一々目くじらを立てていたら、信頼関係を築いたり愛し合ったりすることが出来ません。犬も何の意味もなく振舞っているわけではありません。動物とはいえ、一つ一つの行動には明確な意図が隠されているのです。愛犬家を自称されるのであれば、犬の行動についてはきちんと学んでおきましょう。行動の背景に心理上、健康上の問題が存在することもあります。例えば噛み癖にしても、叱って済む問題ではないのです。