柴犬はしつけが難しいらしい

柴犬は撫でられても喜びを感じにくいそうです。犬をしつけるというのは、通常は、声を掛ける、スキンシップ、フード類というようなことがご褒美となるそうです。けれど柴犬の場合は、声をかける、スキンシップがご褒美とは感じられないそうです。そういうことになるとしつけがやりにくいということのようです。ただ、柴犬はとても賢い犬種ともいわれているそうです。おすわりやお手のトレーニングはすぐにできるのだそうです。他の犬に比べても覚えは早かったりするそうです。難しいといわれているのは、警戒心を伴う行動に対するしつけだそうです。初対面の人を前にしても落ち着いていられるようにするとか、飼い主さんに安心して身を預けられるようになれる、というようなことは教えるのにとても根気がいるそうです。柴犬というのはベタベタされるのが嫌なのだそうです。とてもクールな性格としても知られているそうです。自分の考えを持っているということもいわれているそうです。これは柴犬のルーツが猟犬だからだそうです。プードルも同じ猟犬がルーツだそうですが、プードルの場合は猟師の指示を待って、それに従って行動するそうです。柴犬の方は、猟師と協力して獲物を追い立てて、ともに仕留めるのだそうです。猟犬といえばビーグルと思っていました。ただビーグルというのはスヌーピーというイメージがあるのでのほほんとしているような感じですが、かなり気が強いような気がします。猟師と協力して獲物を仕留めるというのは、発想力があるからだそうです。ビーグルも柴犬も可愛らしいのでついつい世話を焼きたくなりますが、犬の方は干渉されたりベタベタされるのが嫌だと思っているのかも知れません。