寝相によって犬の警戒心がわかる

犬はいろんな寝方をしていると思います。伏せで寝ている子やごろんと足を投げ出して寝ている子、仰向けで寝ている子や立ったまま寝る子もいるかと思います。

立ったまま寝ているというのは、いつでも逃げられるようにということがあるようです。強い警戒心からすぐに動けるように立ったまま寝るということになっているようです。伏せて寝るというのも警戒心を解いていない寝方だそうです。心配性な犬などが熟睡できずに伏せて寝ているそうです。身体は伏せでもすぐに立てるような態勢なのだそうです。これよりも立っているのに近いと警戒心の方もかなりの強さのようです。警戒しながら寝るというのは熟睡できていないということだそうなので、体調を崩す恐れもあるそうです。もしかしたら安眠できない理由があるかもしれないので、飼い主さんも気をつけてあげたほうがいいそうです。

地震や泥棒など一番に気がつくのが犬だそうですが、緊張して寝ているとしたら少し可愛そうな気がします。警戒心がない寝方といわれる四肢を投げ出してゴロンと寝ている姿は、見ている方も安心できるかと思います。それよりも安心して寝ている姿で仰向けというのがあるかと思います。この寝方ができるのは犬としてとても幸せといえるかもしれません。たまにいつもおなかを見せて寝ていた犬がめっきり伏せ寝をしていると心配になるかと思います。けれど、クッションなどフカフカのものお与えると仰向け寝をするかもしれないそうです。

ただたんに安定感を求めていただけかもしれないそうです。犬に振り回されてしまう飼い主さんも多いかと思いますが、かわいいから仕方ないかも知れません。でもやはり警戒しながら寝ている状態が続くなら環境を見直したほうがいいようです。