飼い主さんの責任と犬との夢の暮らし

犬との暮らしに、皆さんはどのような夢のある暮らしを描いていますでしょうか?動物の愛くるしい仕草や存在に癒されるような毎日である事を思い描き、犬との暮らしを始める前に、その他にもイメージして頂きたい愛犬との暮らし風景があります。犬たちは、オオカミを祖先にもつ動物であります。飼い主となる皆さんの飼育方法1つで、飼い主さん自身や、ご家族、近隣の住民の方々とのトラブルを起こしてしまうような可能性も秘めています。その事例として、犬の無駄吠えがご近所の騒音トラブルにつながってしまったり、警戒心をもった愛犬がお散歩中に通りすがりの人に反応して、飛びついた拍子にケガを負わせてしまうような可能性もあるのです。犬たちは、飼い主の皆さんの飼育法の誤り1つで、周囲の人々への脅威へと変わる事もあるのです。愛犬が他人に噛みつき、慰謝料を請求されたり、警察沙汰になる事もあるのです。このような事故が行った場合飼い主さんは、様々な対応が必要となります。まずは、被害者への謝罪からはじまりますが、その後の対応として、被害者の病院での診察、警察への連絡、愛犬の病院での診察などが必要とされるようです。また、愛犬の無駄吠えが騒音トラブルなどと、ご近所トラブルに発展した場合は、裁判沙汰になることも珍しいことではないようです。そのような場合、裁判所の騒音被害であるという判断がされれば、飼い主さんは、賠償金を請求される可能性もあるのです。犬たちの生活は、紙一重でもあります。全ての責任は、飼い主さんの飼育につながってくるのです。

吠える犬の扱い方

犬が他人に対して吠えるかどうかは、個体差が大きいところです。自分の愛犬がどのように育つのかは誰も分かりませんから、吠える性格だと判明した時点で対策を練るようにします。対策と言っても特別なものではなく、例えば赤の他人に対して無差別に吠える場合、犬の注意を逸らすことが肝心です。おやつで釣ったり、話しかけたりすることで、一時的に吠えなくなることがあります。吠えないまま人が通り過ぎるのを待つことが出来たら褒めてあげましょう。一方、他の犬に対して吠える場合、その意図は縄張り争いであることが多く、犬としては自分のテリトリーが侵されていることに対しての怒りという大義名分があります。ですから飼い主としては根本的な解決策、つまり散歩のコースを変える事くらいしか打ちようがありません。毎日同じルートを歩けば当然自分のテリトリーだと意識するでしょうから、散歩のコースは日々変えた方が良いのです。さて、犬の行動の中には咆哮以外にも人間にとって愉快でないものがあります。しかし愛犬のそうした行動に一々目くじらを立てていたら、信頼関係を築いたり愛し合ったりすることが出来ません。犬も何の意味もなく振舞っているわけではありません。動物とはいえ、一つ一つの行動には明確な意図が隠されているのです。愛犬家を自称されるのであれば、犬の行動についてはきちんと学んでおきましょう。行動の背景に心理上、健康上の問題が存在することもあります。例えば噛み癖にしても、叱って済む問題ではないのです。

柴犬はしつけが難しいらしい

柴犬は撫でられても喜びを感じにくいそうです。犬をしつけるというのは、通常は、声を掛ける、スキンシップ、フード類というようなことがご褒美となるそうです。けれど柴犬の場合は、声をかける、スキンシップがご褒美とは感じられないそうです。そういうことになるとしつけがやりにくいということのようです。ただ、柴犬はとても賢い犬種ともいわれているそうです。おすわりやお手のトレーニングはすぐにできるのだそうです。他の犬に比べても覚えは早かったりするそうです。難しいといわれているのは、警戒心を伴う行動に対するしつけだそうです。初対面の人を前にしても落ち着いていられるようにするとか、飼い主さんに安心して身を預けられるようになれる、というようなことは教えるのにとても根気がいるそうです。柴犬というのはベタベタされるのが嫌なのだそうです。とてもクールな性格としても知られているそうです。自分の考えを持っているということもいわれているそうです。これは柴犬のルーツが猟犬だからだそうです。プードルも同じ猟犬がルーツだそうですが、プードルの場合は猟師の指示を待って、それに従って行動するそうです。柴犬の方は、猟師と協力して獲物を追い立てて、ともに仕留めるのだそうです。猟犬といえばビーグルと思っていました。ただビーグルというのはスヌーピーというイメージがあるのでのほほんとしているような感じですが、かなり気が強いような気がします。猟師と協力して獲物を仕留めるというのは、発想力があるからだそうです。ビーグルも柴犬も可愛らしいのでついつい世話を焼きたくなりますが、犬の方は干渉されたりベタベタされるのが嫌だと思っているのかも知れません。

セラピー犬との出逢いの中で

最近の病院などの医療機関や、介護施設などで取り入れられているセラピーの1つに、「アニマルセラピー」と呼ばれるものがあるようです。人々が、動物との触れ合いの中で、ストレスや痛みなどから解放され、胃持ちが安らぐ事は、多くの研究データなどから報告されているようです。アニマルセラピーは、多くの現場で取り入れられる事で、助けを必要としている人々のサポートを行っているようです。アニマルセラピーは、人が犬や猫などの動物に触れる事で、癒しや安らぎを得る事で、治療やリハビリテーション、ストレスの緩和などを試みる取り組みですが、そのようあnシチュエーションの中で、動物たちの過剰な人々との接触から受けるストレスに対しての懸念の声もあがっているようです。そのような現場で活躍するセラピー犬などは、特別な訓練を受ける事で、大勢の人々に囲まれてもパニックにならない、大きな声で呼ばれても驚かないといった予防線をはる事ができるようになるようです。そのような訓練の中では、人間が犬たちの存在を必要とするといった気付きが、犬たちに促されるかどうかといった観点も必要であるようです。犬たちは、人間との暮らしの中で、嫌な局面に出くわす事もありますが、何よりも人々に必要とされ愛情を注がれる事に、生き甲斐をもつ動物であるとも考えられています。皆さんも、精神的なよりどころを失ってしまったり、身体が弱っているような時に、周囲の人々に弱った姿をさらけ出し難いような場面もありますよね。そのような時に、優しく寄り添ってくれるようなセラピー犬の存在は、心強く感じられる存在と成り得るのではないでしょうか?現代社会におけるセラピー犬の存在の重要性は、認知されつつある中、全国の病院や介護施設、緩和ケア施設などに導入されつつあるようです。

寝相によって犬の警戒心がわかる

犬はいろんな寝方をしていると思います。伏せで寝ている子やごろんと足を投げ出して寝ている子、仰向けで寝ている子や立ったまま寝る子もいるかと思います。

立ったまま寝ているというのは、いつでも逃げられるようにということがあるようです。強い警戒心からすぐに動けるように立ったまま寝るということになっているようです。伏せて寝るというのも警戒心を解いていない寝方だそうです。心配性な犬などが熟睡できずに伏せて寝ているそうです。身体は伏せでもすぐに立てるような態勢なのだそうです。これよりも立っているのに近いと警戒心の方もかなりの強さのようです。警戒しながら寝るというのは熟睡できていないということだそうなので、体調を崩す恐れもあるそうです。もしかしたら安眠できない理由があるかもしれないので、飼い主さんも気をつけてあげたほうがいいそうです。

地震や泥棒など一番に気がつくのが犬だそうですが、緊張して寝ているとしたら少し可愛そうな気がします。警戒心がない寝方といわれる四肢を投げ出してゴロンと寝ている姿は、見ている方も安心できるかと思います。それよりも安心して寝ている姿で仰向けというのがあるかと思います。この寝方ができるのは犬としてとても幸せといえるかもしれません。たまにいつもおなかを見せて寝ていた犬がめっきり伏せ寝をしていると心配になるかと思います。けれど、クッションなどフカフカのものお与えると仰向け寝をするかもしれないそうです。

ただたんに安定感を求めていただけかもしれないそうです。犬に振り回されてしまう飼い主さんも多いかと思いますが、かわいいから仕方ないかも知れません。でもやはり警戒しながら寝ている状態が続くなら環境を見直したほうがいいようです。