愛犬たちの問題行動といくつかの要因

日常的に、愛犬が飼い主を噛むような問題行動でお困りの飼い主さんには、まず、愛犬に病気や怪我が潜んでいないかどうかなどの疑いをもちましょう。外見からは分かりづらい、病気や怪我の痛みなどが、犬たちを刺激して、その反応が問題行動として表れているようなケースもあるからです。病気や怪我などの痛みによってストレスを日常的に抱える犬たちは、その反動として攻撃的になっていたりする事も考えられるようです。犬たちの問題行動の、主な問題は、成長過程における社会化不足であると考えられています。犬たちは、生まれてから4カ月頃までに、兄弟犬や親犬と遊んだり、じゃれ合ったりする中で、多くの社会性を学ぶのだと考えられています。この時期に、様々な環境や人間、他の動物たちなどに触れる事で、多くの情報を吸収し、自分以外の周囲とのコミュニケーションの中に、社会性をみつけるようです。この社会化する時期に、十分なスキンシップが得られなかったり、多くの環境に慣れ親しむ事が不足していると、飼い主に依存してしまったり、周囲の対して警戒心をもったり、常に怯えるような恐怖心が問題行動を起こす原因であると考えられているのです。また、社会化とは、異なった観点ではあるのですが、飼い主による愛犬に対する日常生活におけるケアが十分でない場合、問題行動を起こすケースがあるようです。例えば、1日に必要な栄養素を十分に食事として与えられていなかったり、毎日の日課として散歩の時間をとる事ができない飼い主の元で、運動不足から生活のリズムを大幅に崩してしまう犬たちなどが、それに当てはまるという事です。愛犬の問題行動には、いくつかの要因が複雑に絡み合っているようなことも考えられます。愛犬の問題行動に気が付いた時点で、獣医さんや、専門のトレーナーさんなどに、一度ご相談される事をおススメ致します。問題行動が長期化する事は、飼い主と愛犬の関係性を壊してしまう原因になってしまう事もあるようです。まずは、愛犬たちの問題行動の背景にあるものから追ってみる必要があります。