セラピー犬との出逢いの中で

最近の病院などの医療機関や、介護施設などで取り入れられているセラピーの1つに、「アニマルセラピー」と呼ばれるものがあるようです。人々が、動物との触れ合いの中で、ストレスや痛みなどから解放され、胃持ちが安らぐ事は、多くの研究データなどから報告されているようです。アニマルセラピーは、多くの現場で取り入れられる事で、助けを必要としている人々のサポートを行っているようです。アニマルセラピーは、人が犬や猫などの動物に触れる事で、癒しや安らぎを得る事で、治療やリハビリテーション、ストレスの緩和などを試みる取り組みですが、そのようあnシチュエーションの中で、動物たちの過剰な人々との接触から受けるストレスに対しての懸念の声もあがっているようです。そのような現場で活躍するセラピー犬などは、特別な訓練を受ける事で、大勢の人々に囲まれてもパニックにならない、大きな声で呼ばれても驚かないといった予防線をはる事ができるようになるようです。そのような訓練の中では、人間が犬たちの存在を必要とするといった気付きが、犬たちに促されるかどうかといった観点も必要であるようです。犬たちは、人間との暮らしの中で、嫌な局面に出くわす事もありますが、何よりも人々に必要とされ愛情を注がれる事に、生き甲斐をもつ動物であるとも考えられています。皆さんも、精神的なよりどころを失ってしまったり、身体が弱っているような時に、周囲の人々に弱った姿をさらけ出し難いような場面もありますよね。そのような時に、優しく寄り添ってくれるようなセラピー犬の存在は、心強く感じられる存在と成り得るのではないでしょうか?現代社会におけるセラピー犬の存在の重要性は、認知されつつある中、全国の病院や介護施設、緩和ケア施設などに導入されつつあるようです。