飼い主さんの責任と犬との夢の暮らし

犬との暮らしに、皆さんはどのような夢のある暮らしを描いていますでしょうか?動物の愛くるしい仕草や存在に癒されるような毎日である事を思い描き、犬との暮らしを始める前に、その他にもイメージして頂きたい愛犬との暮らし風景があります。犬たちは、オオカミを祖先にもつ動物であります。飼い主となる皆さんの飼育方法1つで、飼い主さん自身や、ご家族、近隣の住民の方々とのトラブルを起こしてしまうような可能性も秘めています。その事例として、犬の無駄吠えがご近所の騒音トラブルにつながってしまったり、警戒心をもった愛犬がお散歩中に通りすがりの人に反応して、飛びついた拍子にケガを負わせてしまうような可能性もあるのです。犬たちは、飼い主の皆さんの飼育法の誤り1つで、周囲の人々への脅威へと変わる事もあるのです。愛犬が他人に噛みつき、慰謝料を請求されたり、警察沙汰になる事もあるのです。このような事故が行った場合飼い主さんは、様々な対応が必要となります。まずは、被害者への謝罪からはじまりますが、その後の対応として、被害者の病院での診察、警察への連絡、愛犬の病院での診察などが必要とされるようです。また、愛犬の無駄吠えが騒音トラブルなどと、ご近所トラブルに発展した場合は、裁判沙汰になることも珍しいことではないようです。そのような場合、裁判所の騒音被害であるという判断がされれば、飼い主さんは、賠償金を請求される可能性もあるのです。犬たちの生活は、紙一重でもあります。全ての責任は、飼い主さんの飼育につながってくるのです。