人の真似をして喜びを表現することも

 

犬が笑っているように見えることがあるかと思います。これは犬が人間の笑顔を真似ているかもしれないそうです。

人間が喜んでいる顔を見て、自分も喜ぶ時はこんな表情にしようなんてことを考えているそうです。楽しければ楽しいほど、口角がキューと上げるというのですから、このような表情をしたら、思いっきり褒めてあげたら犬はもっと喜ぶかと思います。

反対に凶悪犯みたいな顔になるときは「噛むぞ」と警告しているのだそうです。怖い顔をして相手が逃げてくれたら良いのにと考えているそうです。犬が怖い顔をしたら離れた方がいいそうです。小さな子どもなどがわからずに犬をかまおうとしていたら大人が犬と子どもを引き離してやるということをしたほうがいいそうです。相手が引いたら追いかけてくることはないそうです。

 

遊んでいるときに歯を見せるのは「噛まないよ?」というサインだそうです。怒られたら上目遣いチラチラと見ることがあるかと思います。低姿勢になっているというのがあてはまるこのポーズは相手の要求をしぶしぶ受け入れているサインだそうです。とにかく喧嘩が嫌いなので文句をいうより低姿勢でやり過ごそうとしているそうです。ごますりというわけではないですがそう見えるのも面白いですね。

大好きという意思表示は飼い主さんを見つめているときだそうです。犬というのは相手の目を見つめるということはないそうです。もし見つめられたら目をそらそうとするそうです。大好きな飼い主さんに対してはじっと目を合わせてられるそうです。それだけ信頼しているということになるそうです。逆に怖いから目を見つめているという場合もあるそうです。まったく知らない犬が見つめていたらそれは警戒しているからだそうです。

犬の性格にもいろいろある

 

犬種によっても、育て方や飼い方によっても、犬の性格は違ってくるそうです。

しつけを理解する頭の良い犬というのは飼いやすいような気がします。人懐っこくて温和な性格だと飼い主の方も犬に甘えてしまうかも知れません。良い子すぎて、ストレスが溜まっている場合もあるそうです。犬種としてはレトリバー系、トイ・プードル、コーギーなどだそうです。

穏やかでマイペースな犬には大いに癒やされるかと思います。物事に動じず、ときにはぐうたらに見えてしまうということもあるかもしれません。なんだか空気みたいでいるんだかいないんだかというように物足りなさを感じてしまう飼い主さんもいるようです。ブルドック、パセットハウンドなどだそうです。刑事コロンボで「犬」役で出ていたわんこがぴったり当てはまる気がします。

好奇心旺盛でちょっと落ち着きのない子はアイドル感満載だと思います。しつけを覚えるのが苦手だったりしていつまでも子供っぽい感じがするのもご愛嬌といったところでしょうか。マルチーズやシーズーなどが当てはまるそうです。甘え上手で飼い主さんもメロメロのようです。

これでヤンチャがすぎると飼い主さん泣かせになってくるかと思います。わがままで勝ち気、飼い主さんのいうことなんか聞かず自分のわがままを通そうとする困ったちゃん系です。これで甘やかしてしまうともっともっとと困ったことになりそうです。チワワやスピッツ、ポメラニアンなどに見られるそうです。

飼い主さんを飼い主と思わないタイプの犬もいるそうです。自立していて野生的。頭がよくて運動神経も抜群で、人間の行動を観察して先回りすることもあるような犬もいるそうです。飼う人を選ぶそうです。シェパードや柴犬などだそうです。

飼い主さんのタイプと犬

 

犬から見ると飼い主さんのタイプというのはどんなものなのでしょうか。

飼い主さんのタイプを考えてみたいと思います。

 

 

完璧主義なタイプは、理想がとにかく高い人だと思います。

曲がったことが大嫌いで犬にもとっても厳しくなる人だと思います。

しつけもとても得意かもしれません。あまり完璧を求めすぎてしまうと犬のほうはストレスを感じてしまうようです。スパルタ教育なんかはもちろん駄目だと思います。

 

バランスタイプというのは、小さなことでも幸せを感じる人だそうです。

平凡とかふつうとかそういったことを信条としているそうです。仕事も幸せもそこそこが一番と考えているタイプで、犬も幸せを感じやすいそうです。

人間も犬も不満があまりないというのは幸せだと思います。

 

甘やかしすぎてお犬様扱いをするタイプは、自分よりも相手のことを考えて行動しようとしてしまう人だそうです。

その優しさにつけこまれたりすることもあったり理不尽な目に合いやすいかもしれないそうです。

犬もなかなか頭が良いので、犬もそんなタイプの人につけ込むこともあるそうです。犬が人間を利用することになったら大変です。

 

頑張りすぎて空回りタイプというのもあるそうです。

熱心に犬の勉強をして頑張っているのに、なぜか犬のしつけがうまくいかない人だそうです。あまり必死になるよりも専門家や他の飼い主さんの話を聞いてリラックスを心がけたほうがいいそうです。

 

自分の時間が大切な自由人タイプというのがあるそうです。

割といるかと思いますが、犬のしつけをしないで面白くて可愛ければそれでいいと思っていたりするようです。飼ったからには犬の世話をしなければいけないと思います。

従順さを求めるのも問題ですが自由すぎるのも問題だそうです。

 

このように、飼い主さんにはいろいろなタイプがあります。

何事もほどほどが大事です。「犬がストレスを抱えているなぁ」と感じたら、犬のおもちゃで遊んであげたり少しのびのびやらせてあげたり、逆に「うちの犬、最近自由過ぎるかも?」と思ったら、しつけについて調べてみたりするなど、解決策は多くあるようですよ。

犬にはリーダーはいらない

 

ひとむかしまえでは、犬のしつけで、飼い主さんをリーダーにして犬を支配するという感覚が主流だったことをご存知の方も多いでしょう。

いわゆる服従させるというのが犬のしつけということになっていたのです。

これは犬の世界にはリーダーとその群れという集団として統率のとれた行動を取っていると考えられていたからだそうです。

けれど最近では、犬を支配したり、服従させることがしつけではないという考えに大きく変わったそうです。

 

ボスといえばサル山のボス猿ですが、これは最近の研究で野生の猿の間でボスは必要ないということが解明されたそうです。餌が豊富にあれば序列は関係ないそうです。

犬のしつけにしても、リーダーの命令だから従うというようなことでは犬には効果的ではないそうです。家族のように愛情をもって教えることが大切なのだそうですが、家族のようにせっすることで、自分がとるべき態度を理解していくそうです。

 

犬は自分で学ぶということが大切だと言っても過言ではありません。人間と犬が暮らす上でまもるべきものがあるかと思います。しつけも必要だそうです。

ただ、人間の子どもと同じで甘やかしてばかりでは問題行動につながったりするそうです。

犬にもルールを教えることはとても大切なことだそうです。ルールを守ったら、褒めるということも必要だそうです。そうすることで犬は幸福感をもつことができ、さらには自らをしつけるようになっていくそうです。服従させるのは犬にとってはとても不幸なことだそうです。

けれど、しつけをしないというのも人間と暮らす上で不幸なことでもあるようです。一度飼ったら最後まで面倒を見なければならないと思いますが、そこにはルールを教えたりしつけをしたりというのも含まれていると思います。犬との共存で幸せになりましょう。