飼い主さんのタイプと犬

 

犬から見ると飼い主さんのタイプというのはどんなものなのでしょうか。

飼い主さんのタイプを考えてみたいと思います。

 

 

完璧主義なタイプは、理想がとにかく高い人だと思います。

曲がったことが大嫌いで犬にもとっても厳しくなる人だと思います。

しつけもとても得意かもしれません。あまり完璧を求めすぎてしまうと犬のほうはストレスを感じてしまうようです。スパルタ教育なんかはもちろん駄目だと思います。

 

バランスタイプというのは、小さなことでも幸せを感じる人だそうです。

平凡とかふつうとかそういったことを信条としているそうです。仕事も幸せもそこそこが一番と考えているタイプで、犬も幸せを感じやすいそうです。

人間も犬も不満があまりないというのは幸せだと思います。

 

甘やかしすぎてお犬様扱いをするタイプは、自分よりも相手のことを考えて行動しようとしてしまう人だそうです。

その優しさにつけこまれたりすることもあったり理不尽な目に合いやすいかもしれないそうです。

犬もなかなか頭が良いので、犬もそんなタイプの人につけ込むこともあるそうです。犬が人間を利用することになったら大変です。

 

頑張りすぎて空回りタイプというのもあるそうです。

熱心に犬の勉強をして頑張っているのに、なぜか犬のしつけがうまくいかない人だそうです。あまり必死になるよりも専門家や他の飼い主さんの話を聞いてリラックスを心がけたほうがいいそうです。

 

自分の時間が大切な自由人タイプというのがあるそうです。

割といるかと思いますが、犬のしつけをしないで面白くて可愛ければそれでいいと思っていたりするようです。飼ったからには犬の世話をしなければいけないと思います。

従順さを求めるのも問題ですが自由すぎるのも問題だそうです。

 

このように、飼い主さんにはいろいろなタイプがあります。

何事もほどほどが大事です。「犬がストレスを抱えているなぁ」と感じたら、犬のおもちゃで遊んであげたり少しのびのびやらせてあげたり、逆に「うちの犬、最近自由過ぎるかも?」と思ったら、しつけについて調べてみたりするなど、解決策は多くあるようですよ。